Vol.22 伊藤英記の最近のブログ記事

建築現場から・Vol.22-

お客さまと後輩と、いつも対話を大切に。
アーキテクノ職長 伊藤 英記

001.jpg

伊藤 英記 職長(棟梁)
山形県出身/大工職人の父親の姿にあこがれて同じ道へ。企業内訓練校・土屋アーキテクチュアカレッジ13期生。アーキテクノ入社後は札幌の現場で修業を積み、平成22年11月に仙台へ異動、東日本大震災の半年後に職長(棟梁)となる。およそ2年の仙台勤務を経て平成24年12月に札幌へ戻る。一級技能士。

企業内職業訓練校・土屋アーキテクチュアカレッジの卒業生は、配属された現場で指導員(親方)や先輩棟梁から厳しい教育を受けて一人前の技能士に、そして現場を任せられる職長(棟梁)へと成長していきます。今回ご紹介する伊藤英記職長(29)も、3年前の20台半ばに職長となり、半年前からは現場の作業を通して後輩の技能士を指導する立場となりました。

002.jpg
上:ふかし壁に必要な部材を墨付けした後にカッターで切り分ける

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちVol.22 伊藤英記カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはVol.21 水木政徳です。

次のカテゴリはVol.23 松本健史です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。