Vol.16 野呂重芳の最近のブログ記事

建築現場から・Vol.16-

仕事へのプライドが決める『おさまり』の違い。
-アーキテクノ指導員テクニカルマイスター 野呂重芳

img00.jpg

野呂重芳指導員(親方)
青森県出身/大工職人だった兄の影響で小学生のころから大工になるものだと思っていたという。15歳で兄に弟子入り、以来職人歴41年。昭和59年に土屋ホーム入社、アーキテクノ転籍後は指導員に。

土屋ホームは基礎工事が完了した後、約1カ月にわたって大工職人が木工事を行い、次の工程へと引き継ぎます。木工事の最終日には、職人が仕上がりを点検しながら床や建具に傷が付かないように丁寧に清掃を行っていきます。

img05.jpg

こちら札幌市の北東部に位置する当別町の現場には、その最終日を迎えた野呂重芳指導員の姿がありました。「やはり最終日は一つの区切りですから、ホッとしますよ」と言う表情には安堵感が伺えます。ともに働く若い職人たちの表情が晴れやかなのも、一つの現場を担当したという達成感の表れなのでしょう。

img04.jpg

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちVol.16 野呂重芳カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはVol.15 大和芳弥です。

次のカテゴリはVol.17 小林正です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。