Vol.15 大和芳弥の最近のブログ記事

建築現場から・Vol.15-

自分の家を建てて実感する『お客さまの気持ち』
-アーキテクノ一級技能士 大和 芳弥

001.jpg

大和芳弥職長(棟梁)
北海道洞爺湖町(旧・虻田町)出身/アーキテクチュアカレッジ7期生
高校生の頃、大工職人の父親が自宅を施工するのを見て、「大工になる」と決意した。5年ほど道北の名寄で勤務し、昨年11月に札幌に戻る。

マイホームはお客さまの一生の宝となるもの。アーキテクノの大工職人たちは皆、常に我が家を建てる気持ちで、心を込めて施工しています。ですから、一人前になって何棟もの現場を手掛けていくと、「自分の家を建ててみたい」という思いが自然と募っていくものなのでしょう。アーキテクノには、マイホームを自らの手で建てる技能士が少なくありません。

今回ご紹介するのは、こちら札幌市東区の現場で、自宅を建築している大和芳弥職長(33)です。5年ほど道北の名寄で働いていましたが、昨年11月、札幌に異動になったのを機にマイホーム新築を決意。この秋には、2階に3つの子ども部屋のある我が家が完成します。

002.jpg

7月上旬から始まった木工事は順調に進み、あと2週間ほどで終わりますが、"施主"として臨む初めての家づくりはまだ道半ば。「家を建てるお客さまの気持ちがよく分かりますね」と言うその言葉にも実感がこもります。

003.jpg
(写真上)組み上げた足場の上で、通気層を施工。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちVol.15 大和芳弥カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはVol.14 鼻和義知です。

次のカテゴリはVol.16 野呂重芳です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。