Vol.11 船木裕の最近のブログ記事

建築現場から・Vol.11-

| コメント(0) | トラックバック(0)

『急がず、じっくり学べ』若者を育てて15年。
-アーキテクノ1級技能士・テクニカルマスター 船木 裕

006.jpg
船木裕指導員(親方)
岩内郡岩内町出身/地元の工務店で現場修業の後、札幌で大工の道ヘ平成元年に土屋ホーム入社。15年ほど前から後進の指導に当たる。アーキテクチュアカレッジ3期生から教えている。

大工職人集団アーキテクノが目指すのは、第一にお客さまに高品質の住宅をお届けすること。そのためにも優秀な職人を育成することは至上命題でもあります。その中心にいるのがテクニカルマスターと呼ばれるベテランの技術者。彼らは棟梁として施工の第一線に立ちながら、後進の技術指導に当たっています。

こちら札幌市清田区の現場にも、指導歴15年というベテランの船木裕指導員と、大工を志す二人の若者の姿が。6月下旬に始まった木工事は順調に進み、床にフローリング材、壁に下地ボードを施工する段階となりました。

001.jpg
厳しい指導を受ける若者も言葉にこもる温かさを感じている。

船木指導員は、過去にその教えを受けた職人たちの間でも、厳しい人として口の端に上ることの多い存在です。しかしそれも彼にしてみれば、「大工としての道に外れた行動をとったときに厳しく叱ってきただけ」とのこと。「浜育ちだから、口がワルくってね」と笑いますが、若者たちが必死についていくのは、その言葉に情がこもっているからです。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちVol.11 船木裕カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはVol.10 三浦武喜です。

次のカテゴリはVol.13 佐藤紀美夫・岩本学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。