Vol.05 高森節三の最近のブログ記事

建築現場から・Vol.05-

「"職人の心"を育てるベテラン指導員。」
―アーキテクノ指導員 一級技能士 テクニカルマスター 高森 節三

img001.jpg
高森節三指導員(親方)青森県出身
15歳で大工職人を志し、大工一筋39年。昭和59年土屋ホーム入社、アーキテクノへ。15年前から指導員として後進の指導に当たる。「まだまだ職人としての勉強は続く」という謙虚な姿勢は、カレッジ卒業生にとって大きなお手本だ。

大工職人集団アーキテクノには、土屋アーキテクチュアカレッジ卒業生たちを鍛えて一人前に育て上げる、「指導員(親方)」と呼ばれる9人のベテランスタッフがいます。彼らは、棟梁として施工の陣頭に立ちながら、職人の卵たちに技術指導を行います。

ここ札幌市の現場でも、6人の若者を指導しつつ、施工の細部にまで目を光らせる高森節三指導員(55)の姿が。4月半ばに始まった木工事のあと1週間、建具や収納棚の取り付けなど仕上げ作業を残すところとなりました。

高森指導員はこの日、カレッジを卒業したばかりの若者に、ドア枠の組み立て・取り付けをマンツーマンで指導。穏やかな口調ながら厳しさを含んだ声と、真剣な眼差しに、技術以上の何かを伝えたいという熱い思いがうかがえます。

「若い人には技術指導を通して"職人の心"を伝えたい」と語る高森指導員。職人の心とは、言葉では表現できない、職人ならではの、住宅やお客さまに対する想いだと言います。そして職人の仕事とは、その心を培うことに尽きるとも。15歳の春に道志して以来約40年、大工一筋に生きてきたその境地は、素人には容易にうかがい知れるものではありません。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちVol.05 高森節三カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはVol.04 新屋蘭邦です。

次のカテゴリはVol.06 橋本拓也です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。