Vol.02 松本健史の最近のブログ記事

建築現場から・Vol.02-

「自分の家を建てる気持で。」-アーキテクノ一級技能士 松本 健史

img001.jpg
松本健史職長(棟梁)北海道芦別市出身
土屋アーキテクチュアカレッジ4期生。指導員や憧れの先輩を目標に「一日も早く一人前になる!」と負けじ魂を発揮、23歳で職長となった。

こちらは札幌市南区、幹線道路から一歩奥まった住宅街の建築現場。躯体の断熱工事など外周り作業が昨日終了し、いよいよ今日は床、天井などの内部工事に移ります。既にフローリング材が搬入され、今朝には天井ボードを積んだトラックも到着しました。

この現場を担当するのは、アーキテクノ一級技能士の松本健史職長(32)。玄関周りの作業を後輩の伊藤英記技能士に任せて、2階の天井に気密シートを手早く貼り付けていきます。

松本職長は、土屋アーキテクチュアカレッジの4期生。同校卒業後、指導員(親方)の下で2年間修業し、大工4年目の23歳で職長(棟梁)になりました。これまで手掛けた住宅は100棟余りに上がります。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちVol.02 松本健史カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはVol.01 砂原秀範です。

次のカテゴリはVol.03 定岡直也です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。