Vol.01 砂原秀範の最近のブログ記事

建築現場から・Vol.01-

「氷点下7℃、仕事に妥協はない。」-アーキテクノ一級技能士 砂原 秀範

img01.jpg

砂原秀範職長(棟梁)北海道本別町出身
土屋アーキテクチュアカレッジ7期生。職人として「自分の技量に満足したら進歩はない」と技術研さんを怠らない。

札幌市東区の住宅街の建築現場。2週間の基礎工事が終わり、柱の立ち上げ作業の3日目です。間もなく木造2階建ての住宅の輪郭も見えてきます。

この日の札幌は最低気温が氷点下7度。前夜からの雪が30センチも積り、朝一番の作業は除雪から始まりました。しかし、積雪を理由に作業を遅らせるわけにいきません。その後も6人の職人が、決められた工程に従って黙々と作業をこなしていきます。

現場を指揮しているのは、アーキテクノの1級技能士、砂原秀範職長(29)。高校時代に建築現場で見た大工の姿に「カッコいい」と憧れ、先輩の勧めもあって土屋アーキテクチュアカレッジの門を叩いた7期生です。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちVol.01 砂原秀範カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはVol.02 松本健史です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。